iPhoneからPixel3 XLへ乗り換えを試みたけどやめた話


Pixel3 XLを買った。メインで使っているiPhoneの置き換えを目指しての購入だったけど、結果として1週間ほど使ってお別れすることに。

Pixel3の素晴らしさを語っているエントリは沢山あるので、ここではiPhoneユーザがPixelを使ってみて、メイン機の乗り換えまでには至らなかった理由を書いてみる。

最新のiPhone / Androidを触ってみて

今回Android端末を個人で使ったのはNexus 5X以来。いま最新機種のiPhone XS (iOS12) とPixel3 XL (Android Pie) を使い比べてみた感想としては、

  • ヒューマンインタフェースのAppleを選ぶか
  • AIや機械学習をぶん回すハイテク路線のGoogleか

極論この二択だなぁという感想。昔に比べて両者の溝はかなり埋められつつあり、良くも悪くもiPhoneとAndroidはそっくりになってきてる。どちらを選ぶかは、どちらの最も得意とする点に価値を見出すかで、それ以外のちょっとした機能の有無は味付けの違い程度だと思う。

肌に馴染むiPhoneと、そうでないAndroid

Pixel3は (軽く触った感じは) iPhoneユーザでも不満に感じない、気持ちいい操作感。過去に使ったNexusシリーズより格段に進化してる。

けど数時間触っているうちに些細なストレスが溜まっていった。iOSでは当たり前のように感じていた滑らかなアニメーションがないのが意外とつらい。例えばScroll時のBounceが無いとか、別になくなっても困らないだろ…と思うようなところも、いざ無くなるとストレスに感じる。全体的にAndroidでは何をやっても「手触りが固い」ような感触がある。

致命的だったのは、端末をしっかりとホールドした際に誤タップが頻繁に起こること。どうもPixel3のベゼルが細いせいで、握った手のひらがディスプレイのエッジに触れて誤認識をしているよう。これは先日聴いていた #268:iPhone XS MaxとPixel 3を2台持ちして分かったこと – backspace.fm でも同じ話があったので自分だけじゃないはず。

こうした細かい操作感のチューニングが今もAndroidでは足りず、移行を見送るきっかけになった。

機能面ではダントツのPixel3

Pixel3で撮影した写真

タッチ操作は未だAppleが優位だけど、それ以外の部分のソフトウェアはGoogleが追いつくどころか大きく差を開けたなと感じた。

たとえばカメラ。この分野はずっとiPhoneが先をいっていたけど、

  • AIによる自動補正
  • モーションオートフォーカス
  • トップショット
  • Night Sight

これらが最高すぎてiPhone XSを使うのが嫌になった。ポートレート撮影はiPhoneみたいに端末を近づけたり離したりかっこ悪い事をしなくていい。子供やペットを撮ることが多い人は、モーションAFとトップショットだけでPixel3を買う価値があると思う。

そしてVoice OverとAI。Pixel3をきっかけにきちんと使ってみたけど、予定の確認などの単純作業はもう音声インタフェースで十分いける。Pixel Standを持っていれば更に最高で、画面のアンロックなしにアシスタントを起動できる。

感想

Googleのサービスは大好きだし、それが使いやすい形で融合されたPixel3は本当に素晴らしい。けど、自分はまだそれらの素晴らしいサービスを「使わされている」感が強く、タッチインタフェースの心地よさ以上の価値を感じられなかった。だから今の時点ではiPhoneを選んだ。

例えばGoogle Assistantは便利だけど、「音声認識してもらえる言葉遣い」を意識しないといけない。そしてまだやれることが限られているので、無意識のうちに「答えてもらえそうな質問」を選んで話しかけてしまう。

でもこうした不満はじきに解消されて、手より話しかける方が便利な時代がくる気がする。既にUSではGoogle Assistant + Duplexを使った飲食店の電話予約サービスが予定されているので、手作業による操作の利便性を超えつつある。

もはや細かいタッチインタフェースの手触りガ〜 とガタガタ言ってる人はたちまち時代遅れになるかもしれない。そう予感させてくれただけでPixel3を使った価値はあった。これを機に食わず嫌いせず、もっとGoogle AssistantをはじめとしたVoice Over・AIサービスを使い込んでみようとも思った。もちろんAppleが提供するものも。

意識が高まって模様替えをしたiPhoneのHome画面

熱が冷めないうちにHome画面も模様替えした。

Related Posts

今年買ってよかった生活を豊かにするモノ3つ

Bearで書いたブログ下書きを効率的にJekyllのソースディレクトリ上に配置する

仮想通貨のファンダメンタルズDashboardをプログラミングなしに作成する

セキュリティ向上のためmacOSの使い方を見直した

iTerm2のウインドウをHyper風にカスタマイズする

ドメイン管理をGoogle Domainsに移行

TravisCIでFirebase Hostingへのデプロイを自動化

ZenHubのデスクトップアプリをElectronで実装した

Electronの各Platform向けアプリアイコンを作成する

RxSwiftにおけるメモリ管理の考え方