Macの自動時刻設定は割とズレる


とある株為替取引ツールを使っていたら、Mac の時計が日本標準時からズレているとの警告が表示されるようになった。時刻設定は自動設定にしておけばマシン再起動時に同期してくれると思ってたけど、調べたら似たトラブルが多いようだった。

時刻がズレていないか確認する

JST Clock をみると JST の正しい現在時刻と端末の時刻を比較できる。調べてみると 6 秒ほど時刻が遅れていた。

Macの標準時刻設定

Mac で日付や時刻が間違っている場合 - Apple サポート

Mac の自動時刻設定は NTP サーバ time.asia.apple.com を参照して行っている。どうもここを参照したままだとズレが治らなかったので、参照先を NICT が提供しているものに変更した。

NICTの提供するNTPサーバから時刻を取得する

そもそも NTP サーバってどこを参照するのが正解なのかと疑問に思ったけど、少なくとも 日本標準時(JST)グループ が提供する NICT のサーバを参照すれば問題なさそうだった。

参照先を変えるために /etc/ntp.conf を編集した。

server ntp.nict.jp iburst

iburst の指定は optional で、ntpd 起動後に初回同期するまでの時間を 64s から 2s に短縮してくれるものらしい。

参考:

結果

改めて JST Clock で正常になったか確認した。

Before After
AppleのNTPサーバを参照している時 NICTのNTPサーバを参照した結果