macOS Big Sur で kernelmanagerd が CPU リソースを食いまくる問題


Big Sur にアップデートして以降、 kernelmanagerd というプロセスが常に CPU を食っていて困っていた。

自分の環境では 2 つの原因があって対処した。

Sophos Home をアンインストールする

何箇所かのコミュニティで投稿されているが、Sophos が悪さをしているケースがあるらしい。

kernelmanagerd process causing high cpu u… - Apple Community

Sophos の公式サイトでは Big Sur 対応について色々書いてるが、CPU 負荷については何も言及されてなく、クライアントを最新にしても解決しなかったのでアンインストールした。 Support for macOS 11- Big Sur – Sophos Home Help

Karabiner Elementsのバージョンを確認する

Sophos を消してもまだ 40%前後 kernelmanagerd に CPU リソースが取られていて困った。Twitter を見ていると Karabiner が原因っぽい発言を見かけたのでアンインストールしてみたところ解決。

どうも Catalina から deprecated になった kernel extension を使っている古い Karabiner だと再現するようだった。v13.0.0 以降では DriverKit という新しい仕組みに置き換わって Big Sur 対応が明記されている。

Releases · pqrs-org/Karabiner-Elements · GitHub

自分はそもそも使ってないのに動いてたから消したけど、必要な場合はアップデートすれば解決しそう。

これでようやく CPU 負荷が落ち着いた。

それでも直らない場合

3rd party アプリの Kernel extension が問題になることが分かったので、負荷で困っている場合は以下のコマンドで不要なものが動いてないか、ソフトウェアアップデート可能なものがないか確認する。

kextstat | grep -v com.apple